もしもに備えて知識をつけよう 備えあれば憂いなし!

病院に受診した際の点数

病気やケガで医療機関を受診した際、領収書が発行されると思います。
その領収書を見てみると点数が表示されていますが、この点数は「診療報酬点数」と言います。
日本の保険診療は、この「診療報酬点数」に基づいて計算されます。
患者は計算された医療費の一部を医療機関で支払い、残りは健康保険で支払われます。

ちなみに、1点10円で全ての医療行為に関して点数が決められています。そして診療報酬点数は細かく設定されています。
例えば風邪をひいて病院を受診した場合、その病院で初めて診療を受けたら「初診料」がかかり、この初診料の点数はどの医療機関を受診しても均一270点。
保険診療で3割負担の場合は810円の支払になります。また、同じ月に同じ病院で同じ疾患で受診した場合は「再診料」がかかり、この再診料の点数は診療所で71点、200床未満の病院で69点、200床以上の病院で70点となっています。

これ以外にも時間外加算、深夜加算、休日加算などがあります。
また、かかりつけ医から大学病院などを紹介された時は、紹介状にもお金がかかります。
点数は250点、3割負担で750円です。それにレントゲンなどを添付するなら200点が加算されます。
もし他の病院の診療を希望したセカンドオピニオンが目的の紹介状は500点です。

このように、診療行為によって診療報酬点数は違うので、例え毎月同じ病院へ受診しても、受ける検査によって支払う医療費が変わってきます。
これは、個人的にも困る部分です。
しかし、数年に1回診療報酬制度の改定を行っているようなので、改定によって少しでも患者の負担額が減ればいいなと、私は思います。

Leave a Reply