もしもに備えて知識をつけよう 備えあれば憂いなし!

病院の面会時間

入院患者にお見舞いに行くときに気になる面会時間。
一般的には14時、14時半位からだと思いますが、夜は20時~21時迄に延びて来ています。
医療が進んだ現代では人員不足とは言うものの、業務がシステム化されて余裕が出来てきたのでしょうか?

そもそも、何故面会時間が必要かと言うと、入院患者は午前中は主治医による回診、治療に殆ど潰れますので面会どころではありません。
故に、午後~夜になってしまいます。

私も学生時代に、7ヶ月の長期入院を経験しました。
整形外科でしたので、傷が治るとリハビリテーション、入浴以外はする事もなく、外出以外は自由なので、看護師さんや他の患者さんとも仲良くなれて楽しい毎日でした。
それでもやはり一日中病院のベッドの上で過ごす毎日は退屈な時もあります。
そんな時、家族や友人達が来てくれると本当に嬉しかった事を記憶しています。
その頃は、面会時間は14時頃から17時位までだったように思います。
そう言えば、夕食も16時半だったのが今では18時と家庭の夕食時間とほぼ変わりない時間帯が実現されていて患者側の立場をかなり理解した業務になってきました。

今は医療も進化して病院も大規模なところでは新たな設備や機械も導入しています。
それとは別に研究者達は毎日のように難病に対する研究を重ねており、助かる命・治る病気というのが増えています。
入院患者も快適に過ごせるようにと病室のベッドの工夫や個室に関していえばホテルの一室ともいえるような個室もあるみたいですね。
治療に関する進化は進んでいるので患者の心のケアという部分ももっと進化して欲しいものです。

Leave a Reply